輝く海とC57の煙

今週UPしました須磨の碧い海を見るにつけ思い出してしまいました。
海と鉄道の絵はがき的なこの手のカットが好きなんです。(^^)
もうこんなに機関車が牽引するという長い列車は貨物とカシオペアぐらいなんですね。
久し振りに古いコマ見直してしまいました。こちらの同じネガから気持ちを入れて最近スキャンしたものより(^^)

PICT0622v.jpg

PICT0623v.jpg

昭和49年1974年 2月 竜ヶ水ー重富 重富からどう歩いて行ったか、毎度の事ながらSL撮影の旅路はさっぱりぽんです。いつの日か足跡を辿りたいです。今度は車になるかな。
スポンサーサイト

C5789の霧島越えをカラー化

カラー化 : 夏場撮影をちょっとお休みして冬場の撮影よりです。
逆光で撮影したものなのでどうなるかと思いましたが、やはりちょっと無理でしたね?
連続コマも試したのですが白黒とそんなに違いが出ずパスです。
何度も書きましたが国分から線路伝いに何キロも上り坂、撮影後は当然帰らなければいけませんので
ここからまた下りの帰り道です。それにしても昔はよう歩いたなぁと、今となってはよう歩けたと感心です(笑)

元画像はこちらになります。

colorized30_2016081206262419c.jpg

colorized31_20160812062627647.jpg

昭和49年2月 国分ー霧島神宮

C5741鹿児島での夜景

カラー化:今回は夜景ならどうなるのか?と期待を込めてやってみました。結構良い出来になりました。しかし別モニターで見ましたら ちょっと青が出過ぎで、でも加工したモニターでは濃い青の色で良い感じだったんですが。。。。。皆さんのところではどんな感じになりましたでしょう?
モニター次第では印象が変わるものですので何とも。。。。。 (白黒ではそんなに違わないのですがね)
原画の白黒は過去ログで上げていました。
滅多に撮影者も来なかったであろうこちら。機関士さんもドレインの大サービスです。 サーチライトを頼りに 1/30 f2.0で撮っておりました。誰も気に留めない日常のありきたりの風景、それゆえ私だけでも記録に留めようとそんな場所ばかり選んでいました(^^)

colorized16_20160724193036864.jpg

昭和49年2月 鹿児島機関区 1594レ 19:42 夕方撮ったとずっと思っていたのですがダイヤを見るとそんな時間にカモレはなく、この夜出て宮崎にその日の午前零時に着くこの列車しかありませんでした。
そうなるとこの日の夜行「みやざき」には間に合わないので鹿児島本線の夜行急行で列車泊をしたことになります。ならばそこから考えられるのはー
まず西鹿児島に出ないと駄目なので 19:53発 1042レ 八代行きで西鹿児島へ、(これまた西鹿児島へは便がほとんどありません。地元の方は数の多い市電を利用されているようで。)
そして第一の想像は *西鹿児島 20:30発の 202レ「屋久島2号」で小倉へ 04:41-42 そして日豊本線で行橋へ行くか? それとも最終日でそのまま乗って大阪へ帰ったか?です。

第2に考えられるのは *西鹿児島 23:00発の102レ「かいもん3号」で熊本途中下車 03:12-03;20 ここで駅待ち合いで朝まで待つ。 &早朝の豊肥本線から高森へC12を撮影に行ったかも。これが一番まともで
早朝の熊本市電を撮っています。豊肥本線の一番を待つ間に駅前で熊本市電を撮ったということになります。(ただ文章を読んでいますと何度も朝の熊本を訪れているようで、この日が確定化は?)
それに何と言っても雪の積もった高森の雪景色を撮っていますので、これが一番有力です。
過去ログから行くと 昭和49年 2月9日か? ほんにまぁ色々考えられ楽しい時間を過ごしました(^^)

C57112霧島越えに向かい加速(国分)

本日もカラー化写真で。昨日UPしました霧島神宮駅停車中のC57112の 前写真です。 国分から山登りに向かいます。 ここから先 霧島越えの有名な撮影地があります。私もそこへ向かいました。それにしてもようあそこまで行ったと。情熱ですね!(笑)
 それにしても炎天下どこにも日陰のない見渡す限り田圃ばかり、国道をひたすら北上です。この日はもう写せる列車もないので国分駅まで引き返しました。そして霧島神宮へ。一度撮ると次までの列車がなかなかなくって、自分の時間がたっぷりありました。学生時代のんびりさせて貰った分 社会人になってきっちりしっかり働かせてもらいました(笑)

colorized13_20160722223032572.jpg

colorized14.jpg

あの台地状の山向こうに今で言うところの秘境のお立ち台がありました。其処まで行くにはお金もないし、それに列車も滅多に通りませんので線路を歩いて、さらに長いトンネルの中も歩きました。色んな意味で今ではとても考えられません。 それに往ったらまた戻らないといけませんから(笑) ダブルでよう歩いたものです。今ではとてもとても。。。。

昭和48年8月22日 国分ー霧島神宮  こちらに別の日の同場所で撮ったものを。
【追記】 これをUPしてGマップを見ましたら、この撮影地 駅からそんなに歩いていませんね?(^^) あのお立ち台までどうやって行ったのか線路を辿りましたが航空写真ではトンネルがJR線が一本続きで分かりませんでした。それで地図に変換してみましたがこれまた一本線のみ昔の地図は )=====(  と、いうように () で囲まれていましたのにね。わっかりにくぅ~(笑)
Yさんはどうかな?と調べましたら これはちゃんと 》- - - -《 と 《》で囲まれていました。アナログ人間にはこっちのほうが合います(^^)

C57112 が蘇りました(霧島神宮)

蒸気撮影旅行最初の年ですのでネガにきっちり日付を書いておりました。翌年からはずぼらをしてメモだけでネガに書いておらずいつの撮影かさっぱり分からなくなっておりました。とにかく初めての夏の九州旅行 昭和48年1973年8月22日 ネガを辿ると朝の国民宿舎京町温泉で窓からのお手軽撮影、そして高崎新田へ移動、軽めの貨物を撮り、都城、国分へ南下、C57196にまた出会っておりました。そして定宿「みやざき」に乗る為に霧島神宮へ早めの夜行待ちです。

時刻表をひっくり返せばこのDCは 508Dしいば2号 国分16:14→霧島神宮16:33
何に乗って移動したか? 色つけ化で思い出すその景色! だんだん欲が出て来ます。
その時の行程を思い出すこの作業の楽しさ(^^)
目の前にいたC57112、当時はまだ初心者 この罐がお召し機なんて認識がなし。(お召しはC57117ですね)でも格好いい!
とりあえず撮ったスマートな機関車、 カラーで撮れなかったC57112も こうやって再現できました。感激です。
(斉藤由貴さんの楽しい番組を聴きながら筆が進みました。 (^^)

colorized11.jpg

colorized12.jpg

colorized13.jpg
昭和48年8月22日
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR