唐津線の9600(山本)

カラー化本日の夏景色は唐津線です。
色具合ちょっと今回は緑に染まってしまいました。(笑) 黒は黒になるというのは厳しそうで。
カラーになって発見したのが川の左側(上流)にバスらしきものが写っているのを発見しました。
今が夏なのでどうしても夏場の写真を探してしまいます。それだけ今一度タイムスリップしたいという気持ちが(笑)
それにしても昔もこんなに暑かったのでしょうか? 過去の気温を調べて見ましょうかね?序でに過去の撮影旅行の日程も、自分探しですかね(笑)

colorized30.jpg


colorized31.jpg

昭和48年8月 山本 唐津線
   オリジナルの白黒写真はこちらです *過去記事 こちらに 
スポンサーサイト

ドレインが消えたら駅長さんが(山本?)

まず最初にお断りを、これは唐津線は山本と思うのですが、動画の【前面展望】で確認をしますと、
駅舎のある佐賀側後方 三角の山は同じように思えるのですが、反対側唐津方面の山が同じで違うような?まぁ動画のレンズと私が撮ったカメラのレンズ(105ミリ)の画像では拡大幅が違い、はっきりと自信が持てなくなりました。
ましてこんなにあった線路がほとんど撤去されていますので一緒かどうか?あまりの違いに想像力が働きません。(汗)
何しろ40年以上前になりますので、記憶がなく間違っていましたらご指摘下さい。訂正いたします。


 機関士さんのドレイン・サービスが消えたあとに駅員さんの確認姿がありました。 今の今まで気づかずでした。
九州一周周遊券で行きましたが、この唐津線は日豊本線に比べると博多という大都会に近いので無煙化も早いのではと行かずにはおられませんでした。

b506x.jpg

b508x.jpg

b511x.jpg

b513x.jpg

b514x.jpg

昭和48年8月お盆過ぎ~8月末のいつか。

9600流し(唐津線山本)

PICT0913x.jpg

    ↑  時系列崩してます。 偶々流れていました・(^^)
松浦川沿いに線路が平行して唐津方面に、虹の松原に国民宿舎があったと御見ますが、終着駅だったので外したようです。これが中間駅なら宿泊していましたかも(^^)九州蒸気も末期でしたから撮影効率を優先していました。

PICT0911s_20140721000459592.jpg



PICT0912x.jpg

この機関助士さん次のコマでは機関士さんの後に立ってられました。(1枚目の写真)

PICT0914x.jpg

昭和48年8月中旬~下旬 山本 この列車は暫く停まっていました。そして出発風景はいつかまた(^^)

夏の旅行は9600で(厳木ー多久)

まず訂正から 大きな間違いをしておりました。唐津線の山本を厳木と表示していました。これを書いた当時は早くブログにUPしたい気持ちが先走り確認せず思い込みで書いてしまっていました。 四十年以上前の事とはいえ失礼しました。
今回はそのつづきになります。
唐津線は 厳木ー多久の マイオ様や皆さんが撮られていた撮影ポイントにて私も撮っておりました。
季節は昭和48年のお盆明けと思います。  なおマイオ様の解説でこれは多久から厳木へ進行しているようです(^^)
もうさっぱり忘れてしまいました。忘却ですね(笑) でも行った証がここにあると! これが道程、違うか?(爆)

PICT0936s.jpg



PICT0938s.jpg


乗務員さんがこちらに気づかれたようです。もしもこのお写真の方に懐かしんでいただければと、
拡大しましたが(--)残念です。

PICT0939s.jpg


PICT0941s.jpg

この坂道で列車待ちをされている方々は何でしょう? 近道? ちょっと興味を引きました。

続きを読む

唐津線96重連が坂を下る

マイオ様が撮られた場所から下に降りた所で撮っているようです。
まさかあの上から撮れるとは思っていませんでした(^^) 田圃の中にある白い道はどうやら川の堤防のようです。
これも今頃発見。G地図で検索してみましょうかな。さすがに地形は崩れていないでしょう?
高校出て何十年も経つのにこの「国破れて山河あり」杜甫の詩のこの部分だけがいつも何かにつけて思い出します(笑)

PICT0932x.jpg


PICT0933k.jpg

昭和48年 8月中旬~下旬 多久ー厳木 
ネガの保存状況が悪かったか、スキャナが安物なのだからか? 真っ黒になってしまいます。ネガを翳してみたら?透かしてみたら陰陽(?)濃淡があって 罐も貨車も 形 が見えるんですが。。。。。。。。
なんとか元気な内に再現してみたいものです。それには高級機と時間ですかな? (爆)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR