DD51が牽く青い客車(元町)

久しぶりに見ました。ちょっと興奮です。まさかね,あの憎っくきDD51を懐かしがって撮るとはねぇ、何回もこのフレーズ書いてしまいます。(笑)
昨日網干訓練があったようで、ネットでは今日もあるようなのでまた過去の経験からあると信じて神戸方面に電車を乗りました。家を出た時は青空なのでギリギリ青空と海が撮れるかなと塩屋のつもりでしたが予報通りお昼になると空一面雲に覆われてしまい行ってもダークな色になると諦めました。そうなると駅撮り、景色優先の私、そうなると都会と分かる場所で、
それに来るまでは半信半疑でしたので直ぐ帰れるように元町で待機です。いつも何方かが居られるのですが誰も居られず無しかな?と不安になりましたが横の阪急に気を取られていたら向こうからライトが見えました、若干慌てました。S/Sチェックの最中でしたので結果露出不足になってしまいました。S/S優先でも高速過ぎたようで、1/1000 ISO200では露出自動がf4.5で無理でしたね。暗い時は全てオートにすべきか?そうなると遅いS/Sになっても分からないしね。もっと経験を積むことでしょうか?でも忘れやすくなったしなぁ(爆)

DSC_1186s_2017101818185950e.jpg


DSC_1190s.jpg


DSC_1196s.jpg

ちょっとノスタルチックにしてみました。 ^^

DSC_1198s.jpg


DSC_1200s.jpg


DSC_1202s.jpg

帰りにセンタープラザの古書店へ、例の「関西の鉄道」を探しに、なんと一つ後ろの号がありました。でも望みの号はありませんでした。お値段はそれなりのお値段でしたが一瞬買っておこうかなと思いましたがあまり思入れの無い路線でしたので止めました。図書館へ行く交通費の3倍でしたし(笑)
2017/10/18 元町   こちらに DD51+青客車の正装スタイルをUPしました😊
スポンサーサイト

トワ罐44が牽く大サロ(石山)

今日は大サロが湖西線から敦賀へそしてUターンして米原経由で琵琶湖一周しました。
午前の湖西線を撮りたかったのですが雨も降っていたし洗濯ものも溜まっていましたのでそれを処理して午後の部にシフトです。
そうなるといつもの場所になるのでそれでは興も湧かず前夜時刻表を繰っていて思いついた並走狙いにしようと石山以東へと思いました。
14時前に石山に到着しましたが此処ならあと2時間待ち、でも長過ぎるので更に東上すべきか?迷います。でも曇天で雨は降っていませんが地面は濡れたままで暗い状態、また瀬田川に行ってみましたが川側りの草も濡れていてパス。結局駅前のMACで遅い昼食がてら直前まで粘りです。なにしろ風が冷たく身体を壊したら何にもならないで暖かい場所で休憩です(^^)
時間になって前日作った予定表を確認して駅に向かいます。ホームからはどうしても架線柱を避けられないので駅外からにしました。 撮影後すぐ改札を通りホームへ、予定表通り後発の電車で追いかけます。大サロは次駅膳所でカモレを待避します。先回りして並走するであろう普通に大津で乗り換えます。そして。。。。


DSC_1080s.jpg


DSC_1093s.jpg


DSC_1094s_20171017214325079.jpg


DSC_1098s.jpg


DSC_1100s.jpg

2017/10/17 石山    こちらに瀬田川鉄橋に向かう画像を。

洛東の夕暮れを新幹線貫く

昨日の撮影分です。EF65-2139の甲種撮影帰りです。まだ空は雲があれども青空も広がり明るく撮影可と判断ISOも800に上げているのでなんとか撮れるでしょう?
目的は当然並走する新幹線です。しかし新快速が駅を出ても先を注視しても姿は見えません。今回もダメかと諦めかけたとこで奴は早かったです。(笑)
東山から抜け出た白い車体が目に入りました。 興奮しました! しっとりとした色になった街を白い矢が左へ走って行ってます。写っているかどうか確認するため一瞬ファィンダーから眼を放してモニターを見ます。OK上手く写っています。直ぐさまファィンダーに眼を戻しますが、一呼吸その鼻息が小さなファィンダーガラスに当たり曇ってしまいました。いかん、曇ってしまって確認できない。もうあとは勘でシャッターを切るしかありません。


DSC_1005v.jpg


最初の一枚のみはっきり確認できましたがあとは勘です。でもそこはデジタル、
ちゃんとVRが補正してくれていましたピントの外れはなし。
山にかかる雲が美しく撮れていました。こういうのが撮りたかったんです。😊
まぁ欲を言えば走るガラス越しの車内からではなく地面に足を付けて撮りたかったですが(笑)
地図を広げてあの山の向こうに宇治、宇治川そしてあの鉄塔は天ケ瀬ダムからのものか?とロマンが広がります。


DSC_1008v.jpg




DSC_1009v.jpg

2017/10/13 山科ー京都  上り新幹線を撮る

続きを読む

国鉄色PFが西武甲種牽引(山科)

一昨日やってきたPF2139、噂通り西武40000系X10甲種に使わえれました。これは是非とも撮りたいと期待しておりました。しかし今朝から今日は午後から雨もなると、困った青天井の場所は無理、そうなると屋根のある場所に限られてしまいます。
東山トンネルから飛び出してくる65の2139を撮りたいんで晴れたらもろ逆光で青色が埋もれてしまいますからね、この曇りはありがたかったですただ日没時間と空の明るさがどうなるかですが。。。。あに幸い私は ”晴れ男”晴れはしませんでしたが雨は降らず空も明るい雲で撮影には十分な光量でした。でも一応ISOは400から800に上げましたが(笑)  一時間前の到着でしたのでテスト撮影しても直前には 1/1000から1/400 f5.6.に切り替えですさすがデジカメ凄い。皆さんがおっしゃっているようにSL現役時代に持っていきたいなんて(笑)
あ、書き忘れていました。ここは私の好きな山科下りホームです(^^)
此処は晴れたら西日で直逆光になりますんでこの曇天はありがたかったです。

DSC_0957s.jpg


DSC_0958s.jpg

下りの1番ホーム信号が青になり通過案内、ポイントも外線に向いています。これは被るか?と後ろをチラ見します。ゆっくりとサンダーバードがやってきました。しかし東山トンネルから大カーブにと2本ライトが光ってます。まずい被るか?しかしセーフ、なんとか格好がつきました。


DSC_0965s.jpg


DSC_0966s_2017101322450826d.jpg


DSC_0973s.jpg


DSC_0982s_201710132245118f4.jpg

2017/10/13 山科 こちらに大画面を

続きを読む

リメイク221系試運転車(岸辺)

奇麗ですね、塗り替えられて新車みたいです。中の座席も入れ替えでしょうね?
乗ってみたいです。(^^)

DSC_0688v.jpg



DSC_0703v.jpg



DSC_0699s.jpg

2017/10/11  岸辺  昨日の続きです。

午後の陽に試走する電車(岸辺)

昨日は缶付きのEF66-30が1881レで動いているというので岸辺の上りホーム先端は同業さんが集まっておられました。しかし当方そんなこときっちり忘れていました。ですから久しぶりに見る試運転に興奮していました。 221系というらしいです💦 何枚か撮りましたがこの線路は難しいです。どういう風に撮れば画になるか、お気に入りの写真はまだできてません💦。

DSC_0705s.jpg


DSC_0694s.jpg


DSC_0698s.jpg

窓の中を撮りたかったんですが外が明るすぎて中が暗く鏡になり無理でしたね。この窓枠がずらっと並んだ姿が好きだったんですが、残念でした。

DSC_0711s.jpg

この缶付きが機関区に姿を消すと5058レも4時間は遅れるとあって皆さん引き上げられました。私は分からずそのまま椅子に座って待ちます(笑) そしてSDカードの撮影可能枚数が減ってきましたので要らないコマを削除していました。これが結構面倒で下を向いているとちょっと違った通過音が聞こえ顔を上げると緑の113系が走り去って行きました。おお、221系が引き揚げたんでもう試運転はないものと思っていました。なんと連続で試運転なんて、これはちょっと急いでいられるのかな?


DSC_0737s.jpg

2017/10/11  岸辺
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★ ★ ★ ★ ★ ★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR