甲種があったのか?(岸辺)

月一の大阪日本橋への野暮用、その帰りに環状線から岸辺へと、5087レのPFでも撮ろうかと向かいましたが時間になっても通らず赤釜ばかりが出たり入ったり通過したり(笑) 結局6時間半遅れとか、
その間に西からDE10-1750が走ってきました。時間から想像するに川重から何か甲種があったようで、情報僻地の小生全く分からず、まして今日の北陸線でC56の試運転があったなんて。。。もうそろそろあるのではないかと想像はしていましたが今日でしたか?それもD51でなくC56。 どうなんでしょうね?D51復帰を祈りますが。

IMG_9036s.jpg
IMG_9040s_201704272040220ce.jpg
久し振りに見たDE10 肉眼ではどうってことありませんでしたが今現像していて見たら格好いいです(^^)
DE10はコンデジで撮ろうかな?(^^)

IMG_9028s.jpg - - IMG_9031s.jpg

阪急正雀工場を見ますと #5001が外側で修理中でした。 西北ー宝塚になってますね、運転席上の赤の表示が読めません。回送でも無し二文字は?特急(^^)なんてね(笑) あ、”救援” か、別モニターで見たら読めました。う~んモニターか、今まで大分見落としていたかな。勿体ないことを!人生を楽しまんといかんのに!
2017/04/25 岸辺
スポンサーサイト

ジャズが聴きたい気分で♪

耳休めです(箸休めじゃないんだから 。^^。)
Columbiaレコードは 360サウンド・システムとしてオーディオ優秀録音シリーズとしてクラッシクもポピュラーもメインどころはこれで録音されていました。
カーネギー・ホールの残響が見事に再現されています。 行った事はないですが(爆) 昔の大阪フェスの音もこんな感じでした。大フェスの方がもっと良かったけど。。。。 カーペンターズや有名なアーティストの来日記念盤を聴かれれば一聴で分かります。
それにしても時代は変わって動画サイトで音楽がなんでも聴けるなんて、でも音質はね?
そこはこだわって手持ちのCDで聴きたいです。(^^) 写真をメインにしたかったので記述は下の続きに隠しました。(汗)

IMG_9025s_2017042623172732c.jpg - - - IMG_9026s.jpg
IMG_9027s.jpg

続きを読む

西宮北口から今津線北線を

今日は通院で阪急神戸線へ久しぶりの通勤ラッシュの電車に乗りました。
そういえば昔こんな風に電車に乗って通っていたなぁと、
ほんと皆さんお仕事、勉強ご苦労様です。頑張る現在に未来ありです。
鉄撮りは止められません。 今日はデジカメでなくコンデジで、
楽ですねぇ、あとはもっと画像の精度が良ければ申し分なしですね(笑)
こんなに望遠が出来るのですもの、次駅の門戸厄神も次々駅も写っています。

IMG_9020s_20170425164310c74.jpg

IMG_9024s.jpg

IMG_9021s.jpg
こちら折り返しの宝塚行がやってきました。

IMG_9023s_20170425164312339.jpg
ちょっと加工色濃くし過ぎました。室内は露出不足というかバランス悪くコンデジの限界ですかね?これがI-PhoneだとOKだったりして。(笑)
2017/04/25 西宮北口

古いレンズの方が良いかも

預けていたズーム・レンズの修理工賃見積もりが届きました。税込みで修理確認の連絡葉書が届きました。
税込み19000円+α 本体価格からいくとどんなもんなんでしょうね?何れにしても新しいの買う余裕ありませんから修理依頼しました。
もう暫し撮影は控えねばとおもっていましたので別に直ぐ戻って来なくても良いんですが(拗ねてます(笑))
デジタル用のレンズがない間 SL撮影で愛用していた40年近く前のニコマートのレンズを付けています。標準~広角ズームは使えるので使いますが発色と切れがちょっと物足りません。加工時(デジタルでも現像っていうんですってね)に手間が掛かって、そんなもんなんですかね?キャノンのコンデジの方が簡単にできていただけに余計そんな印象があります。
ニコンの105mm望遠にしろ50mm標準にしろ何か昔のレンズの方がデジタルカメラに装填しても発色が良いように思えます。
(ただ小生のは普及型ですからこの価格帯なら昔のレンズの方が良いのかと思っています。さすが日本製かと)ただ使い勝手はどんな条件にも対応出来る最近のデジカメには負けてしまいますが、いきおい慣れてしまうと私デジカメ優先になってしまいますが。
でも撮影の面白さは このアナログ・レンズだなと再認識しました。修理から戻ってきても使うかは?
IMG_9016.jpg - - - - IMG_9017.jpg

ワルターのリンツ交響曲リハを聞きつつ

今日はじっくりと何処にも行かず家で庭の落ち葉を拾い大人しくしています。
さてPCの前に座ったら音楽が聴きたくなりモーツァルトのCDを出してきました。
これは今も発売になっているか分かりませんが昔買った輸入盤のCDを聴いております。
本編演奏も良いけれど ワルターのオケを指示する声を聴きながら音楽を聴くのも演奏と相まって
何倍もの楽しみになって身体に降りかかってきております。(^^)

リハーサルですので同じヶ所を何度も繰り返しやり直すので同じフレーズがずっと聞こえて
これはいつ終わるのか、否 続けて欲しいのです。
そしてその思いが伝わったかのように、永遠に続くのかのように流れています。
この優しいモーツアルトのリンツ交響曲の2楽章、心が落ち着きます。
穏やかな流れの演奏、川の緩やかな流れのようで、いろいろな思いが清められていきます。
雑念が取り払われると言うのでしょうか。気持ちまで洗われます。

これほどモーツァルトの旋律を気持ちよく表現する指揮者は。。。。
数色々聴きましたが、といっても過去ですのでその時の印象を忘れていますので何とも言えません。
若いときにこのワルターを聴いても何も感じなかったのでワルターの印象はありません。
歳を経てCD時代になり過去の演奏家の演奏が気軽に聴けるようになり再発見です。

bIMG_4211s.jpg - - - bIMG_4212s.jpg

bIMG_4213s.jpg - - - bIMG_4222s.jpg

1995年アメリカ SONY MUSIC (COLUMBIA RECORDS)CD2枚組 20bit Remastered、その何年か前に英国の廉価版レーベルより2枚組LPレコードで発売になってました。これも一応デジタルリマスターになってました。レコードは結局仕事が忙しかったので買っただけで一度も聴かずじまいで、このCDはワルターエディションとしてマーラーとかベートーヴェン、何れもリハ付きで限定発売されました。レコードも日本盤の特典で持っていましたがこれも一度も聴かず、CDになって改めて聞きワルターの良さを再認識しました。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR